贈る際に注意すること

さまざまなお祝いごとには胡蝶蘭が無難で最適だと言うことが分かりましたが、贈る際にいくつか注意しなければいけないことがあります。まず注意すべきことの一つ目が、贈る際に親しい友人などにはメッセージカードを、会社関係の人に贈るときには必ず立て札をつけることです。なお、立て札をつけるときに、相手の会社名や名前は絶対に間違えないようにしなければいけません。会社関係の人相手だと、間違ってしまうと今後の自分の仕事などに支障をきたす可能性があります。メッセージカードのときは、「燃える」や「壊れる」などのあまり縁起が良くない言葉を使うのは避けることです。

ラッピングは赤一色ラッピングは避けるようにしたほうがいいです。赤一色は「赤字」などを連想してしまうので、お祝いに贈る花のラッピングとしては不適切ということになってしまいます。胡蝶蘭はお祝いには最適な花ですが、お見舞いに胡蝶蘭を贈るとなると、鉢植えで渡すことになりますが、鉢植えは「根付く」が病気の方には縁起が良くない言葉となってしまいますので、お見舞いに胡蝶蘭を渡すのは避けた方がいいです。

このように、いくつかお祝いで胡蝶蘭を贈るにあたって、注意しなければならないことはありますが、お祝いとして渡す花としてはとても適している花なので、注意さえすれば相手に喜ばれる贈り物となります。

贈るタイミングと相場

知り合いや親しい人のお祝いごとに、胡蝶蘭を贈ることを決めたとしても、その贈る適切なタイミングや相場には、いろいろあります。まず、お店の開店開業のお祝いに胡蝶蘭を贈るなら、だいたい相場一万~三万円ほどのものがよいです。贈るタイミングとしては、お店のオープン前日が好ましいです。立派な胡蝶蘭を贈ると、店内の華やかさも増すのでおすすめです。

引越しお祝いに胡蝶蘭を贈る相場としてはだいたい、五千~二万円程がよいです。胡蝶蘭のサイズも場所をとらないミニサイズのものもあります。しかし、大掛かりな引越しだった場合にはもうすこし値が張るものでも良いです。贈るタイミングは、相手の状況をうかがった上で、迷惑にならないように贈るのが良いでしょう。

知り合いや上司、取引先の人が昇進、就任した場合の胡蝶蘭の相場としては、だいたい二万程~五万程がよいですが、取引先の人が大手の会社の方だった場合は、もうすこし値が張るもの、十万ほどが好ましいといえます。このときの胡蝶蘭を贈るタイミングとしては、就任のときの場合は就任された当日か、就任式の当日で、昇進の場合は、一週間以内が好ましいです。そのほかにも大きなお祝いごとだけではなく、家族や親しい友人に贈るにも胡蝶蘭は最適です。

胡蝶蘭の花言葉

胡蝶蘭は色の種類がありますので、色によって花言葉や、その胡蝶蘭に対する意味合いも変わっていきます。

まず、定番の白の胡蝶蘭の花言葉には、「清純」という花言葉があり、結婚式のブーケに使われることがあります。ピンク色の胡蝶蘭には、「あなたを愛します」という花言葉があり、プロポーズや女性に贈られることが多い色です。また、中心だけ赤いいわゆるリップ系の胡蝶蘭は花言葉というより、赤い中心と白い花びらのリップ系の胡蝶蘭が、紅白を連想させるということから、記念日のときや、選挙の当選のときにも贈られることが多いです。黄色の胡蝶蘭には、もともと黄色には「商売繁盛」などの意味合いがありますので、よく開店開業のお祝いに贈られることがあります。

珍しい色である紫色の胡蝶蘭は、値段も手軽に買える金額から、高めの金額のものまで幅広くあり、さらに昔から紫には、高貴で優雅なイメージが根付いているため、他の胡蝶蘭とは一味違う胡蝶蘭になっています。特別な人に贈るのもいいでしょう。また紫には「心身の回復を促進させる」という心理的な効果もあります。年中栽培されていることから、相手と状況に合わせた色の胡蝶蘭を贈ることもできるでしょう。

お祝いに胡蝶蘭の理由

当サイトではなぜ、さまざまなお祝いごとにはよく相手に胡蝶蘭を贈ることが多いのか、その理由などを詳しく説明していきます。

胡蝶蘭をお祝いとして相手に贈ることが多い理由の一つ目は、胡蝶蘭の花言葉には「幸福が飛んでくる」という、とても縁起がいい花言葉があるからです。更に鉢植えには、「根付く」という意味合いがあるので、胡蝶蘭とあわせると「幸福が根付く」といういっそう縁起がいい意味合いになるのです。また胡蝶蘭の花びらは白の他にもピンクや黄色、赤白2色の花びらのリップ系などがあり、その胡蝶蘭の色によってそれぞれ花言葉があります。なので、お祝いによっては胡蝶蘭の色を意識して渡すのもいいと思います。そのほかの理由としては、胡蝶蘭は少ない本数でも華やかさや存在感があるのと、一般的な花とくらべると、花粉が少なく花の香りもあまり強くないのです。花粉や匂いを気にしてしまう病院や、飲食店でも贈ることが出来ます。さらに一般的な花は、丁寧にお世話をしても、数週間で枯れてしまうのが多いです。しかし、胡蝶蘭は育てるそのときの環境にもよりますが、少なくとも一ヶ月以上は綺麗に咲き続けることが出来るのです。

このように胡蝶蘭をお祝いに贈ることが多いのは、縁起のいい花言葉とその華やかさ、そして長持ちすることや花粉や香りが少ないからなのです。優雅さや豪華さから、栄転や就任にはよく贈られるほか、清潔感もあるため、病院やクリニックにも贈られることが多いです。